もっとデザイン事務所について知りたい

img_01

デザインという言葉をきいて、まず思い浮かべるのはどんなものだろうか。
たとえば、ファッションデザイナーやグラフィックデザイナー、ウェブデザイナーなど、芸術的、美術的な能力や技術を思い浮かべるのではないだろうか。


しかし、デザインはそのような特殊な才能を伴う特別な力ではない。

デザインという言葉は、英語でdesignと書く。

表す、という意味を持つdeと、記号や計画という意味を持つsignからなる単語だ。

語源はラテン語で、計画を記号に表すという意味のdesignareからきている。つまり、計画を表すことすべてを意味する言葉なのだ。


そのため、一般的に美的才能や特殊技術を伴ってイメージされるデザインという言葉は、プログラミングをする時も使し、物の形や配置だけではなく、その目標や意味まで計画する都市の設計などにも使う言葉だ。デザインすることは、このように様々な意味を持っている。
そして、これらのように大きなプロジェクトや仕事の内容だけをさす言葉ではない。

ライフデザイン、という言葉がある。


人生をデザインする、ということだ。これはつまり、生きていくことを計画する、という意味を持つ。

人が生きていく時、なにかを求めて、行動を起こす。
その時、求めているものについて研究したり、必要なものは何かと準備をしたり、このようにすすめていけばうまくいくと手順を考えたりする。

人の人生は、このことの連続だ。

そして、このことこそが生きる計画を表すこと、つまりデザインすることに他ならないのではないか。
デザインは、一部の才能ある人や特殊な技術を持った人だけができる、特別なものなどではない。

人が生きていくときに、切っても切り離せないもの、生きていくことそのものを表現しているもの、ともいえるのではないだろうか。デザインはどんなひとにも当然のように寄り添っている、誰にでも近しく親しいものなのだ。

http://www.design-findoffice.com/の情報を掲載しています。

デザインすることは生きることにつながり、だれにも開かれて存在している。